統合失調症 30代男性 蒲郡市の事例

ご相談状況

高校生の時に、電車内で悪口を言われる声が聞こえるようになったり、人の気配を感じると日常的に声が聞こえるようになりました。当初は病気という認識はなく、就職して上司に相談したところ、受診を勧められて、統合失調症であると分かりました。通院を続けながら就労をしていましたが、症状が悪化してしまい、長く続けることが出来ない状態でした。現在は、幻聴がまだ治っておらず、就労支援施設A型で就労しているということでした。

社労士による見解

現在は就労支援施設A型で就労していましたが、職員からの支援や仕事の内容などから、一般就労はまだ難しい状況にあると判断しました。また、統合失調症での幻聴も治っていないということからも、障害年金受給の可能性はあると感じました。障害認定日の頃は、現在よりも症状が酷かったということで、遡及申請をすることにしました。

結果

申請中

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0120-891-498
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中