双極性感情障害で障害厚生年金3級を遡及受給し、初回入金額121万円受給出来たケース 20代男性 東栄町の事例

ご相談状況

ホームページを見て相談に見えられました。高校生の頃から症状が見られていましたが、受診することはありませんでした。就職してからうつ症状が現れ、半年で退職となり、体調の良い日だけ家業の手伝いをしていました。その後、就労をしましたが、半年でうつ状態になり休職となり、双極性感情障害と診断されました。うつ状態になると、何もやる気が起きなくて、疲れやすくなってしまい、入浴も3,4日入らなくなってしまっていました。そう状態の時は、買い物をしたいという衝動に駆られて服などを買ってしまい、着ないまま処分するという事がありました。投薬治療を続けていますが、副作用が出てしまい、効果があまり見られない状態が続いています。

社労士による見解

診断書は、障害認定日と現症日のものをすでに取得済でしたので、内容を確認し、障害認定日は2級相当、現症日は3級相当の内容となっていました。診断書の有効期限がすぐだったため、記載漏れや訂正がありましたので、ご本人様にすぐに病院で訂正してもらうようにお願いし、申請することにしました。

結果

 

障害厚生年金3級に決定し、遡及受給出来ました。
当初の予想通りの結果となり満足しています。

SKM_C30817071809560_01

 

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中