統合失調症で障害基礎年金2級を受給し、年間78万円受給出来たケース 20代男性 豊橋市の事例

ご相談状況

ホームページを見て相談に見えられました。高校生の時から幻覚、妄想などの症状が現れて病院を受診しました。その後、症状が落ち着き、仕事に就きましたが、また幻聴に悩まされて退職となり、現在に至っているということです。

社労士による見解

統合失調症の症状である幻覚や妄想に悩まされており、仕事も長続きせず現在は無職ということで、障害基礎年金2級の可能性があると判断しました。障害認定日の頃は、症状が落ち着いていて受診していなかったため、事後重症で申請することにしました。

結果

障害基礎年金2級に決定しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中