うつ病で障害厚生年金2級を受給し年間123万円受給出来たケース 40代男性 豊橋市の事例

ご相談状況

お母様から、息子さんが10年前辺りからうつ病で、休職や退職を繰り返しており、現在も抑うつ状態にあるということでした。最近は、引き籠りの生活をしており、仕事も見つからず、自分は生きていても価値が無いと言い出したり、自分が何をすれば良いのか、何も考えられない状態でした。当初は、息子さんが障害年金に消極的でしたが、高齢のお母様から説得して頂き、面談にお見えになりました。

社労士による見解

 面談では、目を合わせてもらう事も少なく、会話もほぼ出来ない状態でした。日常生活状況については、お母様からお話を伺い、食事、炊事、洗濯など一人では出来ず、すべてお母様に頼っているということでした。お母様との会話も殆ど無いという事で、うつ症状が強く出ていると感じました。
 初診日が厚生年金加入中だったので、3級以上の年金受給の可能性はあると判断しました。

結果

障害厚生年金2級に決定しました。

年金証書_01

IMG_3446

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中