脳出血(左半身麻痺)で障害基礎年金2級を受給し遡及が認められ初年度200万円受給出来たケース 50代女性 豊橋市の事例

ご相談状況

2年前に脳出血で救急搬送されて、左半身麻痺と構音障害になりました。その後、リハビリを行い構音障害は改善し、左下肢についても、装具と杖を使えばゆっくりと歩けるまでに回復しました。しかし、左上肢については、改善が見られず全廃となりました。障害年金は申請をすれば受給出来るという認識はありましたが、自分で申請するのは難しいと思っていたところに、当社のチラシがポストに入っており、無料相談に見えられました。

社労士による見解

お身体の状態を確認すると、利き手の左手が全廃ということで、日常生活では不自由をしており、また、杖をついて歩いていました。転倒の恐れもあるために非常にゆっくりと歩いていました。脳出血は初診日から6ヶ月で症状が固定していれば障害認定日と認められ申請する事が出来ます。今回は、障害基礎年金2級の可能性が高いため、遡及申請で進めることにしました。

結果

障害基礎年金2級に決定しました。

SKM_C30817022812320_01

 

 

skm_c30816120610050_01

 

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中