精神遅滞・広汎性発達障害 30代男性 障害基礎年金2級を取得し78万円受給できたケース

ご相談状況

息子さんの障害についてご両親で相談に見えられました。小さい頃からおとなしい子で特に問題はなかっのですが、他人とコミュニケーションをとることができなくて、アルバイトをしてもすぐに解雇されてしまうような状態でした。その後、病院で発達障害と指摘され、次の病院では精神遅滞とも診断されました。療育手帳は仕事を探しやすいようにとC判定を所持しており、現在は、家に引きこもっている状態です。

社労士による見解

ご本人に会うことは出来ませんでしたが、ご両親様から幼少期から現在までの生活状況を聞き取り、療育手帳取得時の知能検査結果などで、障害年金の受給の可能性があると判断しました。診断書を取得した結果、2級に該当する程度の内容となっていました。

結果

障害基礎年金2級に決定しました。

img_3238

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中