小細胞肺癌で障害厚生年金3級を取得出来たケース 50代女性 豊橋市の事例

ご相談状況

めまいや食欲不振から検査を受けた結果、小細胞肺癌と判明し、数ヶ月間の入院していました。入院2か月目で職場復帰することが難しいということで退職することになり、現在は緩和ケアで通院している状態でした。食欲不振で体重を減ってきており、胸痛もあり鎮痛剤を打っているということで、一日の半分は横になっているということでした。

社労士による見解

がんの場合は他の傷病に比べて難しいのですが、今回は症状や日常生活の状況、また労働に制限を加えることが必要であると判断しました。初診日が厚生年金加入中でしたので、3級には該当すると思われ認定日請求の申請をすることにしました。

結果

障害厚生年金3級に決定しました。
がんの場合は、認定までに時間がかかりますが、今回も6ヶ月かかりました。
それは、がんは数値だけで判定するのではなく、日常生活に支障がどれだけ出ているかでの総合判定になるためです。
そのため、申立書については日常生活状況には、がんの影響での身体の衰弱状況などを細かく記載しました。
残念ながら、ご本人様は受給の決定をお知らせする前に亡くなってしまいましたが、しっかりとご報告してして参ります。

IMG_2691

申請中。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中