人工関節での障害年金受給事例

10年ほど前に交通事故に遭い大腿骨を負傷。その後、数年間普通の生活を送っていたところある日突然足に痛みが走る。診察の結果、事故の後遺症による軟骨減少が原因と判明し、通院期間を経て人工関節を挿入に至る。

ご本人から日常生活状況のヒアリングを実施し、年金審査の際、診断書では伝えきれない重要ポイントを詳細に記述しました。交通事故であったため、第三者行為事故状況届などの重要書類もしっかりとヒアリング作成し、事故証明書がない点も問題のないよう対処しました。

無事に障害厚生年金3級に認定されました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中