うつ病による受給事例

ご相談にいらした状況

奥様からHPを見た後、電話での相談でした。

主な症状

ご主人様がお母様の介護に疲れて、不眠、食欲低下、倦怠感が現れ徐々に悪化したため病院を受診したところ、うつ病と診断されたとのことでした。その後、5年以上うつ病は治らないまま現在に至っている状態でした。

 

社労士の見解

ご本人は、抗うつ症状がひどく外出することが困難であったため、自宅へ伺いました。

詳しくヒアリングを行い、症状を確認したころ十分に2級が認められる可能性があると判断しました。

医師による診断書が、実際の症状よりも軽く書かれてしまわないよう、ご本人の日常生活の状況を詳しく記載した資料を作成し、医師にお渡し頂くことで、実際の症状に則した診断書を作成して頂きました。

 

結果

障害年金2級が決定し、過去5年間の遡及分の支給も認められました。

うつ病は病状を数値で判断することが困難であり、実際の病状よりも軽い病状で診断書が記載されてしまい障害年金不支給となってしまう事例が多くあります。なので、実際の日常生活の様子などを記載した書面を作成し持参して頂くなど、主治医に病状を正確に伝える工夫が必要になります。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中 お気軽にご相談ください 0532-34-5757
障害年金 無料診断キャンペーン
怪我や病気で外出できないあなたへ!無料訪問相談サービス実施中